はじめに

金券は受け取ってくださらなくても、便利なアイデアグッズなら、プレゼントやお礼で受け取ってくださる方がいます。

元々、文具や機能性の高いグッズが好きです。

毎朝、ほぼ、欠かさずNHKおはよう日本の「まちかど情報室」を視て、時々注文したり、サイトで確認して、価格と機能で買うのを止めたものもあります。

あと、各通販からのメルマガ特典での通販も、時には利用しています。成功すれば失敗もしています。そうして、サイトをくまなく観るとか、少しは予防策を取れるようになりました。

 

「まちかど情報室」の注釈にもありますが、個人の感想なので、映像で紹介された方と自分が違う体質や生活歴などだと、効能が違うので、合わなかったこともあります。

従って、あくまで、私見を、思いつくまま書き込みますので、「参考になる部分だけ」判断材料の一部として、よろしければ、ご活用ください。   

 

今回は、文字数の関係で音楽関係のみ、一部となりました。

 

※重宝しているもの

1.ICレコーダー SONY ICD-UX523

   2個目のICレコーダーです。これは、ジョーシンのメルマガで割引期間中に、探して見つけました。

   DPC「速度調整」機能が、役立ちました。

   遅聴き機能が最大で、原曲の2倍遅く、(0.5に設定)きれいに音楽もボーカルも再生されるので、ロックのギターの速さがきちんと音符通り、聞き分けられて、助かりました。

   これ以前の、速度調整機能は、音楽演奏には不向きなレビューが多かった(音楽に聴こえない・声に聴こえないなど)ので、個人的には、これは16ビートのロックの伴奏解析ができたため、重宝してます。

   ただ、USBでの充電に時間がかかってましたが、最近、ドコモの無線LANの充電器アダプターで、偶然兼用できるようになり、パソコンで充電するより、アダプター充電の方が数倍早くなりました。

 

2.(ちょっと番外編)コンチューラ スーツキャリアー

   2010年か2011年の、まちかど情報室で、男性の旅行グッズで多分紹介されてました。

   私は、ライブやレッスンの衣装運びに使用しています。

   男性のスーツ一式が薄く軽く、カバンの中に収納できるグッズとなってます。

   声楽の男性の正装にも耐え得るような気がします。

   私は、着物ドレス一式の時、男性用ボトムス&ブラウスの時、に使用しています。

   けして安くはないですが、柔らかい合成ゴムパネルに、外側がポリエステル・レーヨンなどの材質(約470g)なので、カバンにゆるく曲げて入れることができるので、繰り返し使っています。

   最初、サイトで注文する時に、あちこち画像や情報を見て、注文フォームに当時は、たどりつきにくかった気がしますが、2年か3年経っているので、変更されているかもしれません。

     エクストリームリミテット製品:ホームページ→www.extremelit.jp

           もしかしたら、アドレスで直接つながらないかもしれません。去年(2012年)の冬に、「コンチューラスーツキャリアー」、もしくは、「エクストリームリミット」で検索して、たどりついたと思います。

  この製作会社が、どうやら、モバイルバッグなど様々な商品があるようなので、若干探しにくいかもしれません。

   

 

△どちらとも言えないもの

1.ビューティーボイストレイナー

   多分2011年以前の、まちかど、で紹介されていました。

   男性が腹筋で発声できる、使用時に長音がより長く発声できるマウスピース、という映像でした。

   のどが開く、腹式呼吸をサポートと箱に書いています。

   歌の発声において、初心者の方が、舌の位置や呼吸、腹筋の使い方を覚える・・・特に舌の位置はマウスピースなので、効果があるかもしれません。

   しかし!!腹式呼吸である程度発声できて、鼻呼吸があまり得意でない(幼少からアレルギー性鼻炎で、口呼吸がメインな私)人間だと、長音発声しているうちに、マウスピースから唾液が結構流れて後始末に困りました。長い時間は無理で、練習しづらかったです。

 舌の位置と口の開きをマウスピースで覚えてから、1年近く使ってません・・・。

 J-POPだと口呼吸でないと歌えない曲もあると、ボーカルスクールの先生に伺い、鼻呼吸の訓練は、今はしていません。朗読芝居の時は、鼻呼吸できずに、ナレーションでよくダメだしをされてましたが。

 

 ただし、この商品購入時、スクールの担当の先生から、「そんなに高価なの?」と驚かれたので、個人差が大きいことを覚悟して頂いた方が、いいかもしれません。

 

    http://www.mydream.co.jp/

 

 

2.買うのを断念した、ローランドの製品。(製品番号がうろ覚えで、LT-14?)

   去年2012年10月29日(多分)と、12月の年末セレクションで、同じくまちかど、で放映。カラオケの上手そうな女子大生さんが使用されていたので、早速検索しました。音程のズレがライトでわかるのと、発声練習「まめみもまめみも、まめみも、まめーみー」などのテンポアップ&ダウンが、テンポ数字入力で対応できそうな、携帯できるものでした。

   去年の秋は、価格.COMで調べても1万4千円、在庫ありだと1万6千円前後だった、割と高額な商品でした。声楽してた時なら、買ったかなぁ?と思いました。

   というのも、声楽の教本、コンコーネ50番が全収録、だったからですが。

   コンコーネ50番とコンコーネ25番を2冊(低声用・中声用)ずつ、4冊終了した私には、今はJ-POPだから、ちょっと使いにくい曲が多いかなぁ、と思いました。

   監修が外国の音楽大学の教授によるものなので、クラシック・声楽寄りな内容に思えました。マ行だと、イタリア歌曲やフランス語向き???かもしれません。ドイツ語はあまりマ行を聴いたことがないので。

  邦楽や日本語は、外国語にない発音が歌詞に含まれているので、今のスクールでは、母音の「あいうえお」で、組み合わせを変えたりや長音を発声練習してますし、母音に子音をかぶせる発音の練習の方が個人的に多いので、自分には向いてないと思いました。マ行より

mでのハミング練習と母音の方が、私は多いです。

 録音して再生した時に、音程のズレがライトで確認できるのが魅力的でしたが、モノラル録音なのと、4回?分くらいしか録音できないようなので、録音機能の質と価格で、私は断念しました。

 ですが、カラオケでもTVで女子大生さんが使いこなして上達された方もいるので、これも個人差が大きいと思います。

 ローランドのホームページに、この商品の動画や、よくあるQ&Aが掲載されており、商品情報は詳細な方だと思いますので、購入に迷った方は、参考になるかと思います。

 

 

☆電子キーボード、デジタルメトロノーム、譜面台、マイク&マイクスタンドについては、まだ結論を出しにくいので、機会があれば、書き込みます。

 

繰り返しますが、私的意見です。だから、当然、逆の反応やご意見もあると思います。

向いている方には、とても光明を見出せ、喜ばれていましたので。

「このサイト、Q&A、あったんだ。」とか、参考になる部分が少しでもあれば、幸いです。

 

ここまで、ご覧くださり、ありがとうございました。